カードローンはいくらまで借りられるのか

どうしてもお金が必要になった時、担保や保証人不要で申込みができるカードローンは便利です。さっそく申込みをと思っても、申込み時には審査があります。審査に通らなければカードローンの契約ができない点には注意が必要です。

 

実際カードローンでいくらまで借りられるのか、もちろん審査の結果次第ではありますが、目安が何もないと判断のしようがありません。数万円しか借りられないのか、数十万円はいけるのか、何百万円も借りたりできるか、これについてあり程度の予測は可能です。また、必要な金額によって、カードローン選びも変わってきます。

 

 

年収と限度額

自分自身の年収と申込み限度額には深い関連性があります。消費者金融では年収の1/3を超える金額の借入れができません。総量規制という法律が適用されていて、貸付け条件に制限がかかっているのがその理由です。

 

そもそも総量規制は、債務者が返済不能になって破産や自殺をしないよう保護する目的で設けられた制限です。銀行は総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える金額の貸付けも行えます。しかし、審査の厳しい銀行で、返済不能になると規制がかかるほどの金額を貸付けするかというと、難しいでしょう。

 

ある程度の年収がある点と、限度額の2倍程度の年収があるかどうかが、目安の1つとなります。

 

また、自分自身に収入がない場合には、消費者金融でのカードローンは申込みを断られてしまいます。これも総量規制に引っかかる点が大きな要因です。銀行では、配偶者に収入があれば専業主婦でも借入れ可能なカードローンもあります。ただし、借入限度額は少な目に設定されます。

 

専業主婦でも配偶者の安定した収入で借りられるみずほ銀行カードローンの金額においても、やはり少な目に抑えられるようになっています。

 

数万円借りられるか

数万円程度であれば、カードローンのハードルとしてはかなり低い方でしょう。しかし限度額5万円のカードローンというのは実際見かけるケースはありません。最低10万円から、10万円単位で上がっていくのが多いです。

 

カードローンで限度額30万円だったからといって、30万円借りなくてはいけないわけではありません。借入金額は、限度額の範囲内であれば自由です。数万円だけ借りて、後はそのままにしておいてもかまいません。

 

数万円程度であれば、年収うんぬんよりも、過去に返済事故などの情報がないかどうかが重要となります。信用情報といいますが、過去のクレジット契約や割賦契約に、返済遅延や未払いがあると、数万円程度の借入れすら難しくなります。

 

数十万円借りられるか

数十万円程度の借入れであれば、消費者金融が一番借りやすいでしょう。銀行は金利が低い分、どうしても審査も厳しめになります。実際消費者金融で初めに設定される限度額の多くが、50万円以下です。50万円を超えると、収入証明書類が必要になるなど、手続きが面倒になるのも関係しているかもしれません。

 

50万円を超える金額を借りたい場合には、給与明細なども用意するか、50万円を超えても収入証明書類が必要ない銀行の、カードローンを探すのもよいでしょう。

 

数十万円の借入れであれば、信用情報だけでなく、収入のわりに扶養家族が多いなど、生活に必要なお金がギリギリと判断されると融資は難しくなります。

 

数百万円借りられる

100万円以上の大金を借りたいのであれば、できれば銀行を検討するのがよいでしょう。いきなり高額の借入れというのは難しいのが現状です。最初は限度額数十万円から初めて、借入と返済を繰り返していく内に限度額を増額していくのが一般的です。

 

ただし、銀行には限度額が大きく低金利な、プレミアムプランが用意されている場合があります。最初から数百万円借りたいのであれば、これらのプランを申込むのが一番可能性としては高いでしょう。

 

その代わりに申込み条件も厳しく、勤続年数3年以上、限度額の2倍以上の年収など、プレミアムプランには誰でも申込みができるわけではありません。

 

また、商品内容としてプレミアムタイプを用意していないとしても、金利面で優れている銀行のカードローンなどは申し込みができたとしても、一定以下の収入の方では審査に通らない可能性もあります。

 

例えば限度額によって金利が下がるオリックス銀行の審査基準においても、アルバイトやパートの方では申し込み自体は行えても、通過をして借り入れとなるのは非常に難しいです。