無職でも借りられるのか

カードローンの申込みには条件があります。特に重要なのは働いて収入を得ているかどうかです。カードローンは収入がない人は基本的には借りられません。現在無職であれば、契約は難しいでしょう。

 

働いていれば、それが正社員でも派遣社員でも、借入先はいくらでもあります。今は派遣社員NGというカードローンの方が少ないくらいです。自営業者やパート、アルバイトであっても、やはり借りられる所は多いです。大手消費者金融はいずれの職種も申込みOKですし、銀行系でも受け入れ先はたくさんあります。

 

また、専業主婦の場合、配偶者に安定した収入があれば、銀行なら契約できる所もあります。

 

難しいのは、病気やリストラなどで仕事を辞めざるを得なくなった場合です。それまで収入があったとしても、現在無職であれば借入れは難しくなります。これが辛い所で、本当にお金に困った時に借りられなくなってしまいます。

 

しかし、在職中であればカードローンの申込みは可能です。カードローンの長所は、一度カードを発行すれば繰返し利用が可能な所にあります。退職する直前であっても、在職中にカードを作ってしまえば借入れが可能になります。もしも仕事を辞める状況でお金に困りそうなら、先にカードを作ってしまうのがよいでしょう。

 

その際に注意をしておきたいのは、借り入れ後の返済です。在職中にカードを作っても返済ができなくなってしまえば自分が困ることなります。

 

大手の消費者金融では返済が遅れると繰り返しの利用ができなくなる可能性もあるため、有名業者の即日対応のモビットで借りる場合などは、返済には十分に注意をするようにしましょう。