収入証明書類無しで借りたい

カードローンの申込みのメリットは、その手軽さにあります。保証人や担保が必要ないだけでなく、必要な書類もほとんどありません。免許証や保険証などの本人確認書類があれば申込みができます。

 

ただし、条件によっては収入証明書類が必要な場合があります。収入証明書類とは、自分が収入を得ているのを証明できる書類です。カードローンの契約では、直近の給与明細や源泉徴収票、納税証明書などが必要になります。給与明細をさかのぼって保管しているならばよいでのですが、そうでなければ会社や役所に発行を依頼しなければなりません。

 

できれば収入証明書なしで借りられるのがいいのですが、実はこの問題には解決法があります。その1つは、申込み金額を50万円に抑えるだけです。消費者金融には総量規制という法律があり、50万円を超える、または他社を含めた借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書類の提出が義務付けられています。

 

借り入れ先によりますが、50万円以下の申込みで収入証明書を求められる可能性はほとんどありません。

 

もしも50万円以内では足りない場合には、消費者金融以外で申込むという方法もあります。銀行は総量規制の対象外なので、収入証明書が必要な条件が100万円超、200万円超など、消費者金融よりも緩いです。

 

オリックス銀行のカードローンでは希望額が300万円までであれば不要とし、消費者金融で借りるよりも大きな金額まで用意、提出をしなくて良いことになっています。申し込みも契約も来店不要で進められるため、書類の用意が面倒な方は借り換えに向くオリックス銀行に注目です。